東京都のテレワーク推進支援

  • 人事労務最新情報
人事労務最新情報

テレワーク東京ルール実践企業宣言が始まりました。

 国を挙げて進めている働き方改革でありますが、働き方改革の戦略ビジョンに基づいて、
企業のテレワーク導入を推奨している東京都は、テレワークで実現するワークビジネスのスタイルの変革と謳って、「テレワーク東京ルール」の普及促進に取り組んでいくため、実践企業宣言制度を開始しました。

テレワークという働き方を新型コロナ感染症による一過性のものにすることなく、促進・定着に向けての支援です。

テレワークを推進支援のための「テレワーク東京ルール」とは、「テレワーク戦略ビジョン」「テレワーク実践ルール(我が社のテレワークルール)」、「メガイベント開催時のテレワークルール」の三つの柱で構成されています。1つ目のテレワーク戦略ビジョンでは、5つの戦略(働き方改革、ビジネス革新、人材の有効活用、危機管理、地域振興)を定め、各企業がその実情に応じて、5つの戦略ビジョンを踏まえて、独自のルールを策定する支援のためのルールです。

 そして、策定した独自ルールを東京都に宣言することで、テレワーク東京ルール実践企業宣言となります。

テレワーク戦略ビジョン5つの戦略の具体例

 テレワーク5つ戦略のビジョンに基づいた独自ルール作りとは、どのように策定するのでしょうか。具体例を見てみましょう。

働き方改革の戦略として、テレワークデイやテレワークウィークの設定、育児・介護中のテレワーク勤務の推奨などがあります。また、遠距離通勤者や病気やけがで出勤が難しい社員などにも導入するルールも設定できます。

 人材活用の戦略では、障害者雇用の促進、高齢者の活躍促進やeラーニングの研修実施などが有効にでできると考えられています。ビジネス革新の戦略では、業務効率化による生産性向上の実現や、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進、会議・商談・営業のオンライン実施等が挙げられます。

テレワーク東京ルール実践企業宣言の登録の仕方

 テレワークを進め、テレワーク東京ルールに基づいた独自ルールを設定した企業は、東京産業労働局のテレワーク東京ルール実践企業宣言というHPから企業宣言登録することができます。

テレワーク東京ルール実践企業宣言を登録するメリット

  では、登録が完了しますと、どんなメリットが会社にできるのでしょうか。以下の内容を東京都では、謳っています。

ウェブサイト上で、「テレワーク東京ルール」の実践企業として自社PRができます。また、融資利率の優遇や、信用保証料を補助する制度融資の特例メニューが利用できます。さらに、宣言企業とテレワーク求職者とのマッチングイベント等に参加できます。ただし、いずれも一定の審査があります。

テレワーク推進に取り組んでいきましょう。

国も地方公共団体も、これからの時代の働き方として、テレワークを推進しています。実現すれば、テレワークで通勤が不要になり、ライフワークバランスも向上しますし、短い時間で生産性を上げることも可能になるでしょう。

 テレワーク設備の整備などに費用かかかるかもしれませんが、助成金もあります。少しずつ、会社のテレワークを進めていきませんか? 

>>テレワーク推進については、DXの専門家も交えて、サポート致しますので、ご相談ください。

前へ
«
メンタル不調の社員の解雇・休職・退職
次へ
»
固定残業代を支給する場合の注意点