練馬区 西東京市 武蔵野市の社会保険労務士です。

  • 人事労務最新情報
人事労務最新情報

助成金の無料相談と労務管理が専門です。

 当事務所は、現在、練馬区 西東京市 武蔵野市にある会社様を中心に助成金・労務管理のお手伝いのご依頼を会社様からいただいております。

 助成金においては、無料相談にて、貴社が受給できる可能性のある助成金をご提案し、受給可能とされた助成金について、有料で、ご相談、お手続き、労務整備のお手伝いをしております。

 何が必要かは、会社様によって異なりますので、まずは、無料相談で会社の状況をお伺いいたします。必要なものがあるときには、ご提示いたします。

 また、助成金の手続きをする場合、会社の労務整備ができていないと受給できないのです。そこで、労務整備ができていない場合は、将来に向かって労務整備を完了し、完了した時点で、助成金の手続きを一緒に考えていきます。過去に遡って修正することは、改ざんになりますため、あくまで将来に向かって整備していくことになります。

練馬区 武蔵野市 西東京市で社会保険労務士をしていく理由

 社会保険労務士 橋本奈津子は、練馬生まれの練馬育ちです。父は新聞記者(政治部)でした。なので、おのずと、お国の仕事についての感覚は、何となくではありますが、持っているかと思います。

 開業登録した後は、顧客は数社、行政協力をしながら、数社の対応をするという仕事ぶりでした。そんな中、母が倒れました。心臓疾患です。救急車で運ばれすぐ手術。その後母は、病床に付す状態で、資金がなく銀座にシェアオフィスを置いていた私は、地元の上石神井に戻りました。母の看護介護と自宅開業の本番が始まりました。

 それが功を奏しました。私は、練馬区立上石神井小学校、上石神井中学校、都立大泉高校と高校までは、練馬区内で過ごしたため、多くの幼馴染が、練馬区内および周辺で会社を経営しているのです。「なっちゃ~ん」こんな年になっても、小学校のまま、中学校のまま、嬉しいお付き合いが始まりました。私の大事なリソースがここにありました。

 私は練馬人であることを改めて、深く思い、練馬のために、この土地で生かされてきたことへの恩返しに、過ごしていこうと思いました。

 そして、さらには、たくさんのご紹介をいただけるようになりました。紹介が始まると、東京全域、埼玉県、神奈川県と広がりました。ご紹介をいただける皆様のために、今後も期待を裏切らないお仕事をしていく所存です。

嬉しいお言葉もいただきました。

 お付き合いをしていく中で、「橋本さんを見ていて、ぜひ、頑張ってもらいたいと思う」
そんな嬉しいお言葉もたくさんいただきました。とても嬉しく励みになるお言葉です。

 生活をしていくためには、稼がなくてはなりませんが、当方は、事務所を大きくすることではなく、皆さんとお付き合いしていくこと、練馬及び周辺を皆さんと一緒にこの土地を盛り上げていくことを第一に、お仕事をしていく所存です。今後ともどうぞ当事務所をよろしくお願いいたします。

 >>どんな事務所なの?といういう方はこちらから 

前へ
«
column_image17 5月1日公表 変更 雇用調整助成金
次へ
»
新型コロナウイルス感染症により経営困難な会社に、保険料納付の猶予があります。