働き方改革宣言奨励金2018のエントリーについて

  • 人事労務最新情報
人事労務最新情報

働き方改革奨励金は雇用保険の助成金とは異なります。

現在、東京都では、都内に事業所があり、雇用保険の被保険者2名以上いる事業所に、働き方改革宣言奨励金の支給募集をしています。

働き方改革宣言奨励金は、働き方改革に取り組んでいる事業所に働き方改革宣言をしてもらうう、さらには実施してもらうことを支援をする奨励金です。

この奨励金は、国の雇用保険の助成金とは違い、東京都の方から支給される奨励金ですので、法人都民税・法人事業税の納税証明書等をエントリー申請で提出します。

エントリー募集の会社数は、決まっています。

この奨励金は、支給する会社数を決めていますので、11月まで毎月、募集をしていますので、その募集にエントリーをします。エントリーに受かると、受かったというエントリー通知が、約1週間以内にメールで届きます。これが届いたら、奨励金の対象事業所となります。

エントリーしたときに、キャンセル待ちで受かる場合もあります。キャンセル待ちで受かった場合は、後日、連絡が来ますが、手続きの日にちは猶予がないので、キャンセル待ちで受かったときは、受かったと思って手続きの準備をしておいてください。

エントリーの日程と結果について

今後のエントリー日程はは、9月10日、10月10日、11月9日になります。例えば、9月10日にエントリーした場合、1週間以内にエントリーの合否の結果がメールで届きますので。メールの内容をよく読んで、手続き期間内にエントリー手続き(9月10日エントリーの場合は、10月5日エントリーの場合は11月5日、10月10日エントリーの場合は12月5日締め切り)をしてください。

エントリー手続きが受かった後

エントリー手続きを期間内に完了すると、エントリー手続き完了の通知が届きますので、届いたら、次の実績報告がありますので、事業完了期間に宣言事業を実施して、実績報告の期限までに、実績報告を提出します。

こちらの実績報告が、承認されますと、東京都から宣言企業の宣言書をもらえ、ウェブサイトでも公表されますので、会社のイメージが、より向上します。

奨励金の相談・手続きは社会保険労務士へ

いろいろと手続きが複雑で面倒ですが、専門家にサポートしてもらえば大変楽に申請ができます。申請書類の作成、就業規則の改定、手続きのフローの確認、などなど、複雑でよくわからないと思ったら、社会保険労務士にご相談ください。

当事務所では、働き方改革宣言を承認してもらうことで、より働きやすい会社、業績向上を確実にする会社のお手伝いをしています。

>>働き方改革のチャレンジするチャンスです!!

前へ
«
10月改定の最低賃金について
次へ
»
削減できた残業代を社員や社会に還元する会社