年末調整、真っただ中の会社様へ

  • よくある労務相談
よくある労務相談

年末調整をスムーズにするには、事前準備が大事です。

年末調整真っただ中の時期となりました。皆さんの会社では、年末調整をどうされていますか。年末調整は、準備がきちんとできていないと、スムーズに処理ができずに、滞ってしまします。

貴社には準備を担当できる社員はいますか?準備とは、年末調整のための、扶養控除申告書などを社員から集めてチェックすることです。不慣れだったり、知識がなかったりすると、大変な時間がかかるだけでなく、正しい年末調整ができません。

社員も、自分の仕事が忙しく、提出書類の書き方を調べる時間もなかったりすると、提出する申告書に何も書かずに、証明書だけを添付する、誤記入に気が付かずに、誤記入のまま提出してきたりしますので、必ず、経験豊富な担当者にチェックをしてもらいましょう。

社員から提出してもらう書類は、扶養控除等申告書、保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書、住宅借入金等特別控除申告書です。

書類を準備するのには時間がかかるうえ、今年は改正される来年の分もチェックしなければなりませんので、早いうちに準備を始めておく必要があります。

これらの書類を準備することこそが、年末調整の始まりです。

準備ができたら、年末調整をはじめよう。

年末調整は、計算だけでなく、役所への報告もあります。細々した事務が大変ですので、経験豊富な知識のある担当者に事務処理をしてもらいましょう。

計算ですが、年末調整は、その年の最後に支払う給与又は賞与で、清算します。しかし、そのほかに給与や賞与とは別に単独で計算することもできます。

よくあるケースは、賞与がその年の最後に支払われるが、賞与をもらう社員ともらわない社員がいるという場合です。この場合、単独年調で清算します。

計算ができたら、還付や不足額の金銭処理。そして、役所への報告書の事務処理、税務担当者への帳票の事務処理があります。

言葉で並べると簡単そうですが、煩雑で細かく、事務処理には、知識が必要です。

年末調整は、年末の忙しい時期にやってくる。

年末調整は、年末の多忙な時期に、やってきます。12月は、年末の締めに向かう日々の業務だけでなく、賞与の支払いや、会計の締め、決算などと一緒になってしまうときです。そんな時にてんてこ舞い状態で、処理をすれば当然ミスをしてしまいます。

忙しい時期では、1つでも2つでも業務を減らしたいところです。そんな時には、年末調整事務や給与計算事務は専門家に依頼しましょう。アウトソーシングは、丸投げで、依頼できますので、楽になります。

専門家なので、事務処理は間違いがないうえ、スピードが速い。ぜひ、一度、専門家である社会保険労務士に問い合わせてみましょう。

>>事務処理が楽になります。

前へ
«
新卒求人をお考えの会社様へ
次へ
»
解雇の問題は、就業規則で解決がきまる。