東京の企業が新たに若者を正社員で雇用したときの助成金

  • 人事労務最新情報
人事労務最新情報

35歳未満の若者を新規採用する企業様に東京都からの奨励金があります。

東京都では、非正規社員の若者の正規雇用を支援しています。そこで、現在、東京都には「東京都若者応援宣言企業等採用奨励金」という奨励金があります。この奨励金は、新たに若者を正社員として雇い入れた場合に支給されます。

新規で正社員採用をする場合なので、有期雇用から正社員化した場合は、「正規雇用転換促進助成金」になりますので、間違えないようにしましょう。

この奨励金は「若者応援宣言企業」及び「ユースエール認定企業」である会社様に対し、ハローワークの紹介により、①既卒者の応募を可としていて、おおむね卒後3年以上のものも対象としている②35歳未満の若者を対象としかつ職務経験を条件としてない一般求人で正社員として採用した場合に、支給されます。

支給額は「若者応援宣言企業」15万円   ユースエール認定企業30万円です。同一の若者に双方は支給されまず、どちらかの奨励金1つになります。

この奨励金を受給するには、国が実施する「若者応援宣言企業」「ユースエール認定企業」であることが必要です。これは、若者の正規雇用に力をいれているという、国が認定した企業ということです。

この奨励金は、こんな時に利用できます。

会社が社員などを募集する場合、応募する側は、このような不安をもって就活をします。

有期雇用での契約社員募集だと、生活が不安定になると思い、応募を躊躇するため、なかなか会社に応募が来ないということがあります。他には、ある業務を覚えるのに、有期雇用だと、業務を熟練できないうえ、契約期間終了で雇用が終わったら、次に同じような業務での就職ができるかという不安があります。

そうなると、なかなか不安定な募集条件には、応募が来なくなります。また、会社側も、正社員雇用は会社にとって、さまざまなリスクがあり、なかなか正社員雇用をするのは、二の足を踏んでしまいます。

そこで、東京都は、若者を正社員として進んで採用し、長期にわたって、雇用する方針を打ち出している会社を認定して応援しています。
 雇用保険の方でも、正社員として採用した場合には、訓練給付などがありますので、進んで若者を採用し、訓練し長期雇用して、若者を会社の戦力にしてほしいのです。

「若者応援宣言企業」「ユースエール認定企業」になりますと、ハローワークが企業の情報発信を後押しするなどして、人材不足である中小企業に、企業がもとめる人材の採用を支援して、向上を図ってくれます。

若者を正社員と、新規に採用しようとお考えの企業様はぜひ、この奨励金を利用なさってくださいませ。

前へ
«
介護をする社員の勤務処遇が育児介護休業法で大きく改正されます。
次へ
»
個人事業主と小規模法人の社会保険のご相談お受けいたします。