個人事業主でも助成金(雇用保険)は受給できます。

  • よくある労務相談
よくある労務相談

個人事業主ですが、助成金もらえますか。

雇用保険の助成金は、社員を雇用している事業主様で、いま雇用保険に加入している、またはこれから雇用保険に加入する個人上主様なら、受給可能です。

法人と異なり、個人事業主の場合、社員の社会保険加入が対象外の業種であれば、社会保険の加入は必要ありません。自社が社会保険加入対象の業種かどうかを確認してくださいね。

雇用保険の助成金ですが、さまざまな種類の助成金がありますので、どの助成金を受給できるのか、したいのか、その助成金の支給要件はどのようになっているのかを、確かめて、受給可能かどうかを判断してくださいね、相談相手は、社会保険労務士しかありません。

社会保険労務士のみが、雇用保険の助成金の手続き代行ができる。

雇用保険に関する助成金の手続き代行は、社会保険労務士以外はできません。もし、社会保険労務士以外で、助成金の手続きをしていたら、法律違反です。

よく、助成金専門コンサル会社が、助成金の手続きの提供をしているかもしれませんが、その会社には、必ず社会保険労務士がいるはずです。社会保険労務士でないと、手続きができないからです。

そして、もう1つ大事なことは、助成金手続きの契約は、社会保険労務士と直接しないといけないことです。コンサル会社としたら、違反になります。

もし、社会保険労務士以外のものから、助成金の相談や手続きをするといわれたら、社長さんは、断らないといけません。

昨今は、助成金を商売にしているところも多く、誇大広告をだしているのをよくみかけます。社会保険労務士の場合、社会保険労務士会で誇大広告は禁止されていますので、派手な広告を出している事務所はありません。

広告でつられることなく、相手をよく確認して、相談先を選んで相談してくださいね。

現在、おすすめの助成金はキャリアアップ助成金です。

現在、おすすめの助成金は、キャリアアップ助成金です。この助成金は、社員のキャリアをアップさせるときに受給できます。パートなどを正社員にする、職業訓練をして社員を定着されるなどが、それにあたります。

キャリアアップ助成金の内容ですが、正社員化コース、人材育成コース、処遇改善コースの3つがあります。一番のおすすめは、正社員化コースですが、ぜひ社会保険労務士にご相談なさってください。

助成金は、受給すると、純利益になりますので、起業したばかりの会社様などには、大変有利です。会社の財務をプラスにする力もあります。

ぜひ、ご相談の際には、当事務所へご相談くださいね。

前へ
«
介護離職防止支援助成金が創設されました。
次へ
»
解雇で社員とトラブルを起こさないために