練馬区の社会保険労務士に就業規則の作成や変更を相談したい会社様へ 

  • よくある労務相談
よくある労務相談

社員とのいさかい等で、就業規則の作成・変更が必要になったとき

突然、社員とのいさかいが起きたり、残業代請求が届いたりした会社様は、就業規則が必要になり、相談する社会保険労務士をお探しになると思います。また、こんな時にも、就業規則が必要に・・・。

・会社を設立したとき
・業務拡大や業務体制がかわったとき
・法律が改正になったとき
・新たな社内問題が出てきたとき など。

そんな時には、慌てて社会保険労務士をお探しになると思います。お探しになるときには、
まずは、近いところでお探しになりませんか。

当事務所は練馬区上石神井にありますので、練馬区、杉並区、中野区、武蔵野市、西東京市、所沢市で社会保険労務士をお探しの会社様から、お問合せ、ご依頼を頂いております。お電話またはHPのお問合せフォームからご連絡くださいませ。

当事務所ならではの就業規則の作成とは・・・

当事務所の就業規則の作成は、個々の会社のリスク管理に応じたオーダーメイドであり、ご予算やリスクヘッジ等の仕方で、作成方法を考えます。業種に応じたもの、会社独自の問題点、より合理的な勤務体制などをじっくりご相談しながら、お作りします。

さらに、特に別規程が必要と思われます時には、ご相談の上、別規程でしっかりリスクヘッジをいたします。作成期間も、会社様のご要望に対応いたします。

10名未満の会社様も、就業規則は、作りましょう。

   
労働基準法では、常時10人以上使用する会社様は、就業規則を作成・届出なければならないと規定していますが、10名未満の会社様も、ぜひ作っておきましょう。

なぜなら、就業規則がないために、社内に不穏な習慣ができてしまったり、社員といさかいが起きた時に、解決する根拠の社内ルールがないと、もめてしまうからです。一度できてしまった社内の習慣を後から変えるのは、大変です。最初から、社長様の方針を、就業規則に定めて、社風を作っておきましょう。

電話・ネット等でのお問合せで、すぐ対応いたします。

 
就業規則の作成・変更で、社会保険労務士をお探しなら、ぜひ当事務所へお問合せください。当事務所は、小さい事務所ならではで、直接、社労士 橋本が、親身に対応させていただきます。

ご相談は、当事務所へご来所いただく、又は、ご訪問もいたします。もちろん電話・メールでのご相談も問題ありません。会社様のご相談内容に応じて、適宜親身に対応いたします。

>>スムーズに、社内ルールを作成・見直しをしませんか。

前へ
«
10月から最低賃金が改定になります。
次へ
»
なつニュース第5号発行いたしました。