うつ病の社員が、休職・復職を繰り返しています。どう処遇したらよいでしょうか。

  • よくある労務相談
よくある労務相談

うつ病が増加し、会社も困惑しています。

うつ病の社員のご相談は、最近増えています。会社は、うつ病社員の対応が、なかなかうまくできないようです。

うつ病が長期間続いているうつ病の社員が、職場復帰しても、責任のある仕事を任せられない、勤務時間の短縮をしなければならない、など会社の悩みは尽きません。そして、うつ病が再発したとなれば、会社も社員もお手上げです。

就業規則を確認しましょう。

そのような場合、どのように対応すればよいのでしょうか?すべては、就業規則にそって対応することになります。

就業規則は、社内のトラブルや事件を解決してくれる大事なものなのです。まずは、就業規則を確認しましょう。

就業規則に、休職期間があるのかないのか、休職期間があった場合、どのように休職してどのように復職するのか、退職するのか・・・。また、休職に入る前に、きちんとその社員に説明できていたかなど。

これらに関するルール、「休職命令」、「休職開始」、「休職中」、「復職又は退職(解雇)」のフローを事前に整備しておくことが大事です。

もし、これらのフローがないとなると、メンタル不調の社員と会社はトラブルになってしまいます。

メンタルヘルス対策をしましょう。

さらに、うつ病社員の対応ルールを就業規則で作るだけでなく、社員をうつ病にしない対策をとることです。メンタル不調者が増加している今、メンタルヘルス対策についての体制つくりは必須です。

これらを決めるのには、専門家の手を借りることが、必要です。専門家の手を借りて、何か起きた時には、スムーズに解決できるように、準備しておきましょう。

>>メンタルヘルス対策に関するルール作りは、こちらからできます。

前へ
«
スクリーンショット 2016-01-24 14.04.20 小笠原伯爵邸でランチオフ会開催 大盛会でした。
次へ
»
社員のタイムカードの打刻が、いい加減なのですが、どうしたらよいでしょうか。